疲れきってました。 〜続き〜


スポンサードリンク

みなさん、こんばんは(´・∀・`)

毎日楽しく、だけど、必死な、
アラフォー主婦の‘かむつるこ’です。

今回は
前回書いた記事の、続きになります。

smilemuu.hatenablog.com


私が主人に送ったメールの内容としては、
以下のようなものです。

・主人も、毎日、仕事してる。
キツイのは分かってる。

・でも、私もキツイ。


〜私がキツイ理由〜

子供の世話(オムツ替え、食事、寝かしつけに、離乳食作り。)して、
その合間に、
家事(洗濯、買い出し、食事の準備。)をして。
プラス、仕事もしてる。

子供が、私に抱っこされずに
ご機嫌に遊んでる時間なんて、
まだまだ、僅かなものだけど、

その間に、離乳食作りやら、洗濯やら、
メルカリの発送用意&発送を
ドタバタ進める。

寝ても、抱っこでしか寝ない事がほとんどで、
お布団におけば起きちゃうから、
結局ずっと、抱っこのまま。

その抱っこの間に、
SNSの拡散業務をやってる。

やっと、ちょっと一息つけるかな、
と思った頃に、
主人が帰宅だから、
次は、夕飯の準備。

大人達の夕飯が終わって、
私は子供の寝かしつけ。

主人は録画してたドラマを見る。
その後しばらく、スマホでゲーム。
それからやっと、子供の横にくる。

私は、そこから、
夕飯の片付けをして、
(主人の)お弁当のおかず作って、
子供のミルクのお湯を沸かして、
お茶を沸かして。

それから、自分のお風呂をすませて、
次は、段落分けの仕事をスタート。

とにかく1日、休む暇もなく、
やる事が山積みで、ほんとにキツイ。


〜主人にしてもらいたい事〜

私が寝かしつけにはいってる時は、
ゲームじゃなく、夕飯の後片付けをしてほしい。
ゲームは、
寝付いた子供の横でだってできるし。

家事、育児で、やんなきゃな事がみえた時、
「◯◯しようか?」じゃなくて、
もう、聞くより先に、やっちゃってほしい。

(ごくごく稀に、
夕飯の後の食器を洗う事があるんですが、
毎回、
子供の寝かしつけをしている私のところまで来て、
「食器、洗っとこうか?」って聞くんです。

聞かなくていいから、
ちゃっちゃとやってほしいんです。

まあ、主人としては、
「俺がやって“あげよう”か?」
アピールなんでしょうけど。。。( ̄ー ̄ ))


「できる事があったら言ってね。やるけん。」
って言ってくれるけど、
やってほしい事は、子供の世話と、家事
わかりきってる事だから、
わざわざ言わせないでほしい(ーー;)



そんな内容の、長文メールを送りました。
(実際は、もっと詳細に、
私の1日の行動を書いたんですが。。
ウザいですね(°▽°))


多少は分かるだろうと思ったんですが・・・


その日の夜、
夕飯を食べ、
私は子供の寝かしつけを開始し、
主人はドラマを見始め、

ドラマを見終わった主人は、
子供と私のもとへ来て、
一緒に横になりました。

それも、ニッコニコな満面の笑みで。

可愛い我が子と、
(とりあえず、一応)妻の私と、
一緒にゴロンとしてるのが、
嬉しいようで。

私は、即座に起き上がったところ、
「え?行っちゃうの?」
と、主人。

「片付けあるから。」
と、無表情で立ち去る私。


ここでハッキリ、諦めました。

出来ない、分からない人に
分かってもらうのは難しい。

求め続けると、
裏切られる度に、ボロボロになる。

という事で、
家事への協力は、諦めました。

でも、その分、
育児には、
もっともっと、参加させていくつもりです!!

主人が家に居る間は、
育児は全面的に主人に任せ、
私はその分、家事をこなしちゃおうと思います。

(まあ、正直なところ、
家事をこなすスピードは、当たり前に、私の方が早いので、
やってもらうのを待つより、自分でやった方が早いわけですので。。)


言いたい事を我慢して、モヤモヤしていたせいでの疲れもあったので、
それが済んだ事と、
変な期待を持ち過ぎていたのを、
要望の方向性を変えよう
(『育児と家事に協力が欲しい』 ではなく 
 『家事はもういいから、育児で出来る事を増やさせる』)
という自分の中での結論が出た事で、
まあまあ、すっきりしました☆


最後まで読んで頂き、
ありがとうございました(*˘▿˘✽)