私の在宅ワーク 〜その4〜 「在宅秘書業務」のトライアル試験


スポンサードリンク

みなさん、こんばんは(´・∀・`)

毎日楽しく、だけど、必死な、
アラフォー主婦の‘かむつるこ’です。

前回、「在宅秘書業務」の、
約2ヶ月に及ぶ、メール受信講座の話まで
書かせて頂きましたが、
その間に、「トライアル試験」もありました。

この、
「トライアル試験」を受ける事になる際に、
雇用についての契約書を交わしたり、
チャットワークや、googleなど、
業務に必要なアカウントの作成が
行われました。

そして、いよいよ「トライアル試験」です。
これは、すでに実際に稼働中のお仕事の一部を
その業務を行われてある先輩に、
チャットを介して、指示を受け、
業務を終えたら、
その先輩に提出し、内容の正否を確認して頂く、
というものでした。

行った内容としては、
googleスプレッドシートで、
既に作成されているリストの中で、
指定の条件に該当する内容を抽出する、
といったもので、
ごくごく、簡単なものでした。

今思えば、
実務内容は簡単なものだけど、
先輩とのやり取りや、
疑問点が出た時には、作業前に確認を行えるか、
など、
「在宅秘書業務」を行う適性をみてあったんだなぁ、と思えますが、
当時は初めての事だったので、
なかなかドキドキしながらの業務でした(^^;)

そして無事に「トライアル試験」を合格し、
実務に進める事となりました(o´∀`o)

この時はまだ、メール受信講座は終了しておらず、
実務と並行して、受講していました。

メール受信講座の全講座を受講完了後に、
レポート提出を行い、
資格試験を受け、
やっと、「在宅秘書」となる事ができました。


初めて担当させて頂いたお仕事は、
ある協会様の、
講座への申込対応や、
受講者の方への、講座日程のご連絡など、
メールを使用するものが多かったのですが、
段々慣れてくると、
ホームページの更新業務も行なわせて頂く事となりました。

それまで、ホームページは「見るもの」で、
自身が作成する日がくるなんて
考えもしていなかったので、
ほんとうに、
作業するのにかなり緊張しましたが、
先輩スタッフの方の、
手取り足取りの指導のおかげで、
この作業にも、
徐々に慣れていく事ができました(´・∀・`)

この先輩スタッフの方は、
「在宅秘書」として、すでに数年、業務をされている方だったのですが、
それまでの人生で出会った“指導する人”の中で、
断トツに、指導が上手な方で、
こんな人がいるのか、と
心底驚きました。

直接対面する事がないだけではなく、
電話も行なわないので、
すべて、
チャットの文面のみでの指導となるのですが、
ほんとうに、ほんとうに、分かりやすく、
また、こちらが
何が分からないのか、という事をうまく説明できなくても、
先輩側で察してくださり、
こちらが疑問に思っている事への
明確で、詳細な説明を返答くださるだけでなく、
その次に、こちらがぶつかるであろうと思われる点を推察し、
これまた丁寧に指導くださいました。

ほんとに、びっくりでした。

その後、私は数人の、様々な先輩から指導を受けましたが、
ほぼ、9割の方が、この先輩と同じように、
とても聡明さの分かる方々でした!

この「在宅秘書業務」を始めるまで
2ヶ月の期間を費やし、
様々な事を、メール講座で学びましたが、
その後の試験を通過し、
数々のお仕事をこなしてきた先輩方は
本当に、先輩として、社会人として、人として、
尊敬できる方々ばかりで、
この業務を始めてよかったと思いましたし、
私も早く、そんな先輩方のようになりたい、
と思いながら、
日々の業務を行うようになりました。

次回は、
ある程度、お仕事を任せて頂けるようになった私が、
どんなスケジュールで過ごすのか、
どんな内容の業務を行うのか、
少し、詳しく書く予定です。


こちらのブログを読んで頂き、
ありがとうございました(。˘◡˘。)