私の在宅ワーク 〜その3〜 「在宅秘書業務」のスタート


スポンサードリンク

みなさん、こんにちは(´・∀・`)

毎日楽しく、だけど、必死な、
アラフォー主婦の‘かむつるこ’です。

前回、無事に合格連絡がきた、
「在宅秘書業務」。

ここからがまた、実務にはいるまで、
何段階か、踏む事になります。

まずは、実務に入る前に、
私の適性を見極める為、
実務内容の一部を「トライアル試験」として
指示を受け、そちらを通過しないといけません。
これは、「試験」という位置付けなので、
実務内容と、ほぼ同じにはなりますが、
報酬は発生しません。

そして、その「トライアル」を無事に通過した後、
この応募先が用意している、
「在宅秘書業務」における、
マナーや必要な知識、感覚、考え方を学ぶ為の、
メール講座を受講しないといけません。

この2点を了承し、
試験を受ける事、
メールを受け取る事の
希望有無の確認がなされました。

これまた、「そうなんだ〜(°▽°)」と思いつつも、
やってみないと分からないので、
もちろん、
試験も、メールも希望しました!

その後、返信があり、
『「トライアル」については、
適当な案件が出次第の連絡となるので、
まずは、メール講座の受講から始めてください』
という旨の内容が書かれてありました。

という事で、ここからが、
長い長い、メール講座受講の日々のスタートです☆

このメール講座、
私自身が受けている間は無料でしたし、
今現在も、おそらく無料なのですが、
今後、この「在宅秘書」という仕事が
正式な資格をもって行う仕事となるように
動いているそうで、
そうなった(正式な資格となった)場合、
メール講座も有料になる可能性があるそうなので、
あまり、詳しい内容は書けません。。
すみません(*´Д`*)

メール内容は、おおまかには、
「在宅秘書」としての心構え、
であったり、
そこから派生して、
「こんな状況になった場合は、どう対処するべきか」
であったり、
また、全てをネット上でのやり取りで行う為、
その際に使用する、
chatwork、Dropbox
グーグルドキュメント(Wordのようなもの)、
グーグルスプレッドシート(Excelのようなもの)、
などの使用方法を学び、
ところどころで、学んだ内容について、
実際に作業し、提出したり、
どんな風に感じたかをまとめ、提出したり、
などがあり、
約2ヶ月、毎日メールが配信されてきました。

なんだか長過ぎて、
そもそも自分はどんな仕事に応募したんだったか、
これって、ほんと、仕事になっていくのか、
正直、段々、
分からなくなっていきました( ̄▽ ̄;)

実はこの時、
私は派遣勤めしていたんですが、
ここの仕事が、とにかく暇で、
電話番の為だけに居るのか、ってなぐらい暇だったので、
このメール講座受信は、
この暇な時間を有効に使うのにピッタリだったんです(・∀・)

ほんとはいけないでしょうけども、、、

今思っても、
ほんとにラッキーな派遣勤務でした(^^;)
産休代替の期間限定での派遣で、
総務事務だったんですが、
忙しいのは、スタッフの方々の給与計算と、
出来上がった明細数字の確認をする日、
あとは、月末に、
売上数字の〆と、出納内容のチェックをする日ぐらいで、
且つ、全員で4名のみの事務所で、
私以外は営業さんなので、ほぼ、
日中は事務所に一人になる事が多かったんです。

しかも、今時は、本社と各拠点のPCって、
ネットワークが繋がってて、
監視しようと思えば、
各拠点のPCの動きも見れるものですが、
ここの会社は、古い会社だからなのか、
SEさんも居ませんし、
自分が使うパソコンは、自分で用意する、
っていう会社だったので、
まず、本社から、
各拠点のパソコンの動きを把握する事はできませんでした。
プラス、産休に入った方から引き継ぎ受けてる際、
引き継ぐ内容もたいして無いので、
すぐに暇な時間ができちゃってたんですが、
そんな時はいつも、
ヤフーニュース見たり、フリーペーパー見たりされていたので
(上司が居ても、まったく気にせず、です(^^;))
私も、思う存分、
在宅秘書業務のメール受講に専念できちゃった、という次第です。

話がだいぶそれましたが、
次回は、やっとメール講座の終わりを迎えたその後について、
書きたいと思います(´・∀・`)


読んで頂いて、
ありがとうございました(。˘◡˘。)